海外源氏情報

『海外における源氏物語を中心とした平安文学及び各国語翻訳に関する総合的調査研究』
2013年度 基盤研究(A)課題番号:25244012 研究代表者 伊藤鉄也

サイトの諸注意・情報提供

第2回「海外における平安文学」研究会報告(2014/02/26)

20140226第2回研究会

2013年度 伊藤科研 第2回研究会
日時:2014年2月26日(水)
場所:キャンパスプラザ京都

2月26日(水)キャンパスプラザ京都において、第2回研究会が行われました。
伊藤代表から、科研についての趣旨説明と第1回研究会の報告、その後、現状について担当者から説明がなされました。
以下に抄録を掲載します。

1.第1回研究会の報告
京都での開催となった今回は、初顔合わせのメンバーもいることから簡単な自己紹介と、第1回研究会の報告が行われた(第1回報告については前回の報告書参照)。

2.現状について
第1回研究会後、進行したプロジェクトも含めて説明がなされた。
(1)「翻訳から見た日本文化の変容」
32言語中21言語において日本語に訳し戻す作業を依頼。
・対象巻:「桐壺」、1人が2〜3種類の翻訳を担当。
・3月末に10数種類の翻訳が集まる予定(現在、スペイン語・中国語・ドイツ語・イタリア語の翻訳が戻っている)。
なお、対象となる言語は、ベトナム語の翻訳本が発見されたことから、32言語に増えた。新規発見された書籍については継続調査中。
(2)海外における論文目録データベース
また、国文研の論文目録データベースの別枠として、7種類の言語での論文が掲載される方向で検討がなされている。
(3)グロッサリーについて
・海野先生が担当される。今後、メンバーに連絡がいく可能性があることを伝える。サマリーの対照表があれば、言いたい表現が探せる。ハルオ・シラネ先生の文章(『世界へひらく和歌–言語・共同体・ジェンダー』などの本)を活用し、用語集にないものを探す。

3.今後の活動と課題について
2014年度の計画については、以下の報告がされた。
・『十帖源氏』の翻訳を依頼
・グロッサリーの本格的な始動
・5月で第3回研究会を予定している(東京)

また、国文研がブリティッシュ・コロンビア大学と学術交流協定を結ぶ予定である。これを受け、2014年9月5日〜10日(予定)に今西先生の科研と合同で、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学で研究会を開催する話が現在進行。伊藤科研からも開催に向け働きかけが進められている。なお、発表者は、今西先生・伊藤先生のそれぞれの科研から、約3名ずつとなる。

これらの報告をふまえ、参加者からは以下のような問いかけがなされた。

(1)清水先生が以前出演された『源氏の物語とはなにか』(全7回/関西テレビ京都チャンネル)を何らかの形で公開できないか(放送局は閉局しており、再放送が難しいことから)。
(2)清水先生が参加されるパリ国際シンポジウム、市川海老蔵講演『源氏物語』などの最新情報を提供することはできないか。

上記のうち(2)についてはすでに科研ホームページに反映した。
今後(1)のような映像資料も掲載可能な機能をつけていく予定である。

なお、第3回研究会は5月東京にて実施予定。

HOME > 報告書一覧

※当サイトに掲載されている画像・イラスト・ロゴ・タイプの無断転載を禁止します。