海外源氏情報

『海外における源氏物語を中心とした平安文学及び各国語翻訳に関する総合的調査研究』
2013年度 基盤研究(A)課題番号:25244012 研究代表者 伊藤鉄也

サイトの諸注意・情報提供

第3回「海外における平安文学」研究会報告(2014/06/06)

20140226第3回研究会

2014年度 伊藤科研 第3回研究会
日時:2014年6月6日(金)
場所:国文学研究資料館・第1会議室(2階)

6月6日(金)国文学研究資料館・第1会議室において、第3回研究会を開催しました。

伊藤代表の挨拶の後、担当者からの報告、のち資料をもとにディスカッションを行いました。
以下に抄録を掲載します。

1.2014年度4〜5月の報告
今年度に入ってからの2ヶ月間の活動報告がなされた。項目ごとの進捗は次の通りである。

(1)翻訳から見た日本文化の変容
昨年度に引き続き訳し戻しをおこなっている。

(2)グロッサリーの研究と編纂
資料の収集を進めている。

(3)翻訳研究論文データベース(各国語)
「源氏物語」「平安文学」の2種類にわけて、データベースを作成した。今後、逐次科研サイトにて公開していく予定である。

(4)海外における日本文学研究における論文データベース
先行研究の成果『海外における日本文学研究論文1+2』より平安文学に関する部分を抜粋。データベース化を行っている。

(5)『源氏物語』と平安文学に関するサイトの調査
調査を終了し、成果を科研サイトに公開している。

2.科研サイトの稼働状況について

4〜6月のアクセス数と翻訳辞典ダウンロード数を報告した。
また、現在公開しているデータベースや情報についての説明を行った。その際に、「翻訳者データベース」の作成について意見が出された。海外の翻訳者については、利用可能な海外データバンクが利用できるとのこと。今後、公開コンテンツとして検討する。

3.スペイン語訳『源氏物語』「桐壺」の解説とディスカッション

訳し戻しを終えたスペイン語訳「桐壺」(6種類)について内容ごとに小見出しを整理、72項目に分けて対比表を作成した。
さらに、(1)人物(2)儀礼(3)場所(4)調度・乗り物・色など(5)動物(6)植物(7)気象・時間・空間の7つに分け、関連する語をいくつか例にあげた(東宮、野分など)。このデータをもとに行われたディスカッションでは、以下のような意見が交わされた。

・語によっては文脈でみる必要があるのではないか。
・底本がわからない翻訳も、内容から類推が可能なケースもあるのでは。
・日本固有のものを現地のものに置き換えた場合、まったくイメージが異なるものになる場合がある。
・訳し戻し担当者の知識如何によって影響を受けている部分もある。
・人物(官職・位階・立場)に関する語は、あまり原文から離れる翻訳はない。
・「坊」などの建物を意味する語を、人を指し示す意味として翻訳していない。
・「袿」をチュニックとするなど、衣服に関する訳はおもしろい。
・平安時代の時刻である「申」などを時間で翻訳さずに、そのまま「申」としているのは、日本らしさを演出するための最近の傾向かもしれない。
・「虫の音」について、「羽ばたき」「やかましい音」「コロロギ」「甲高い声」等々多彩な翻訳がされている。
・注釈の対比も必要なのではないか。

4.今後の活動について

2014年度の計画については、以下の報告がされた。

(1)今後の研究会・国際集会の開催予定

①2014年8月18日(月)〜8月29日(金)のいずれかの日を予定。
・開催場所 国文学研究資料館
・今西先生の科研と合同で開催することを検討している。

②2014年9月26日(金)を予定。
・開催場所 ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)
・出発日 9月24日(水)/帰国日 9月28日(金)を予定

(2)科研の報告書について

・タイトル『海外における平安文学研究ジャーナル』
・Webでの公開。冊子形式はとらない。ただし、執筆者・科研のメンバーには、冊子形式での頒布も検討する。
・第1回目の締め切りは、2014年8月31日(日)。
・投稿された原稿を執筆者の業績とするために、「ISBN」の取得を検討する。

(3)中古文学会(平成26年度 春季大会)でのフリースペース出展について

今西先生の科研と本科研が、フリースペースに出展し、科研の報告書の展示等を行った(6月7〜8日、於:立教大学新座キャンパス)。また、好評のうちに『日本古典文学翻訳事典1〈英語改訂編〉』(希望者)を配布した。

なお、第4回研究会は上記参照。

HOME > 報告書一覧

※当サイトに掲載されている画像・イラスト・ロゴ・タイプの無断転載を禁止します。