海外源氏情報

『海外における源氏物語を中心とした平安文学及び各国語翻訳に関する総合的調査研究』
2013年度 基盤研究(A)課題番号:25244012 研究代表者 伊藤鉄也

サイトの諸注意・情報提供

研究計画のあらまし

梅要 旨

 本科研に関わるメンバー内では、年間3回の情報と意見を交換する集まりを持ち、研究と成果を討議していきます。その内の1回は、外部の研究者に向けての公開研究会として実施します。

なお、『源氏物語』の英訳研究における第一人者である緑川真知子氏(明治学院大学講師)からは、研究協力者として本課題に全面的な支援が得られることも特記しておきます。緑川氏の『源氏物語英訳についての研究―翻訳された『源氏物語』の捉え方についての細密なる検証』(武蔵野書院、2010年)は、2011年度第12回紫式部学術賞を受賞しています。

たとえ思うような成果がまとまらない事態が生じたとしても、ここで構築を目指している各種情報の総整理に対する視点と、そこから生み出されたデータは生き続けます。日本古典文学を世界に広め、相互理解を深める上において、貴重な研究情報の公開となり成果となるはずです。

梅平成25年度の計画

初年度は上記すべての内容について調査研究を開始し、今後への準備と展望の確認を行ないます。早々に着手するのは、翻訳文献資料の調査収集と日本語への訳し戻しです。

まず、海外で刊行された文献資料を再確認します。これは、『源氏物語【翻訳】事典』(伊藤鉄也編、笠間書院、2013年5月刊行予定)の巻末資料「『源氏物語』の翻訳に関する研究論文一覧」「『源氏物語』に関するサイト一覧」「『源氏物語』翻訳史略年表」を参照します。訳し戻しについては、すでに確認済みの『源氏物語』において全言語で翻訳されている、第1巻「桐壺」と第5巻「若紫」を対象とします。日本人と翻訳された現地の方との双方での共同作業となります。

「第1回 国際日本文学研究交流集会」は東京で実施し、テーマは「世界最初の源氏物語の翻訳—末松謙澄の英訳『源氏物語』—」とします。『源氏物語』の最初の翻訳は、明治15年(1882)にケンブリッジにいた末松謙澄がロンドンで刊行しているからです。海外及び在日の研究者・翻訳家・留学生を招待する。共同討議は、アメリカ・オーストラリア・フランス(重訳)・ドイツ(重訳)・オランダ(重訳)からの参加者を予定しています。これは、末松謙澄の英訳をもとにした重訳を刊行している国という理由からです。 (※計画当初のものです。実際に行われた内容については「経過・実績報告」(準備中)をご参照ください。)

梅平成26年度の計画

前年度を継承した研究活動を展開します。基本的には、これまでに継続してきたことと、持ち越された課題を扱います。

異なるのは、京都で「第2回 国際日本文学研究交流集会」を実施する点です。これは、平安文学の舞台となっている地域を意識してのものである。テーマは「文学の舞台環境と国際的な文化理解」とします。

梅平成27年度の計画

この年度も、前年度を継承した研究活動を展開します。基本的には、これまでに継続してきたことと、持ち越された課題を扱います。

異なるのは、作成した各種基礎データとその加工データの確認と調整に着手することです。研究を進める中で解明されたことが、この時点で、すでにこれまでの科研費研究で伊藤が構築した情報群に付加されることになります。

「第3回 国際日本文学研究交流集会」は大阪で開催します。テーマは「『十帖源氏』の多国語翻訳から見た文化の変容」とします。

梅平成28年度の計画

本研究課題の最終年度です。本年度も、前年度を継承した研究活動を展開します。基本的には、これまでに継続してきたことと、持ち越された課題を扱います。

異なるのは、イタリアで「第4回 国際日本文学研究交流集会」を実施することです。第1テーマは「平安文学語彙の英語表記」とします。日本文学語彙のグロッサリーの検討・作成を通して、問題点などを討議し、さらに利用価値の高いものに育て上げていく方策を考える会議となります。第2テーマは「海外における日本文学の受容と研究」とします。世界各国で、日本文学が研究されてきた歴史を確認し、これまでの問題点の整理と、これから取り組む課題や、将来的な展望を討議することになります。

平安文学に限っては、現在のところイタリアの研究者層が最も厚いと言えます。海外での国際集会でイタリアを開催地に予定するのは、そのような事情を勘案してのことです。

梅状況及び研究成果の発信方法

1.本研究代表者の伊藤鉄也が所属する国文学研究資料館は、大学共同利用機関としての研究所の機能を有しています。国内のみならず海外の研究者との情報交換を大切にし、毎年海外から研究者を招聘してきた経緯があります。情報ネットワーク化の基礎はすでに築かれていると言える状況です。2008年度に立川の新庁舎に移転を終え、研究施設や資料等は充実しています。また、翻訳書等の資料は、当館所蔵のものに加えて伊藤がすでにほとんどを取得しているため、いつでも活用できる環境にあります。ただし、最近の成果として海外において刊行が続く翻訳書や研究書は、新たに収集する必要があります。

2.本研究課題のメンバーは、これまでにさまざまな科研に関わってきた当館のメンバーを主力としています。直接会っての協議・研究が行える状況にあります。連携研究者等とは、すでに学会や研究会等で研究協力関係にあり、本科研においては、年間3回の国内研究会と、メールを主体とした連絡体制をとっていきます。さまざまな局面で研究協力が可能なチームが編成できているのです。 3.国内外の研究者と共に、継続して国際日本文学研究交流集会等を実施し、各国各大学の研究者との協力関係を密にしていきます。また、ウェブサイトを通して、国際社会に研究成果としての情報を発信します。

※当サイトに掲載されている画像・イラスト・ロゴ・タイプの無断転載を禁止します。