海外源氏情報

『海外における源氏物語を中心とした平安文学及び各国語翻訳に関する総合的調査研究』
2013年度 基盤研究(A)課題番号:25244012 研究代表者 伊藤鉄也

サイトの諸注意・情報提供

『源氏物語』翻訳史

略年表

年表右上の検索欄に検索キーを入力すれば、一致するデータだけを絞り込めます。

西暦元号言語重訳の有無翻訳者題名翻訳範囲備考出版社
1882明治15英語末松謙澄Genji monogatari「桐壺」〜「絵合」※イギリス版
Trubner & Co.
1883明治16フランス語Arvède Barine(末松謙澄訳)La haute société japonaise au Xe siècle: Un don Juan japonais「桐壺」・「帚木」・「夕顔」※抄訳Germer Baillière
1894明治27英語末松謙澄Genji monogatari「桐壺」〜「絵合」※日本版、「The Japanese Literture2(英文日本文庫シリーズ)」
☆◎
丸屋(現:丸善)
1900明治33英語末松謙澄Genji monogatari「桐壺」〜「絵合」※『Persian And Japanese Literture』第2巻に所収The Colonial Press
1906明治39ドイツ語Karl Adolf. Florenzなし(Die Religionen der Japaner1906年)に収録「帚木」の「雨夜の品定め」と「若紫」の光源氏と紫の上の出会い底本:不明B. G. Teubner
1910明治43フランス語Michel RevonLe Ghennji monogatari「桐壺」・「帚木」・「若紫」※抄訳、『Anthologie de la littérature japonaise des origines au XXe siècle』に所収。(Ghennjiはママ)、桐壺更衣への寵愛の場面は鈴木弘恭『新撰日本文学史略』(青山清吉、1892年)を底本とし、桐壺更衣の死・雨夜の品定め・若紫の垣間見の場面は三上参次・高津鍬三郎『日本文学史 上巻』(金港堂、1890年)を底本としている。
(Ghennjiはママ)
Librairie Ch. Delagrave
1911明治44ドイツ語Maximilian Müller-Jabusch(末松謙澄訳)Die Abenteuer des Prinzen Genji「桐壺」〜「絵合」底本:末松謙澄『Genjimonogatari』◎Albert Langen
1918大正7オランダ語Marinus Willem de Visser(末松謙澄訳)Die Genji Monogatari底本:末松謙澄『Genjimonogatari』、『OudeKunst』に掲載される。A. Langen
1919大正8フランス語Michel RevonLe Ghennji monogatari「桐壺」・「帚木」・「若紫」※1910年の4版。抄訳、『Anthologie de la littérature japonaise des origines au XXe siècle』に所収。(Ghennjiはママ)、桐壺更衣への寵愛の場面は鈴木弘恭『新撰日本文学史略』(青山清吉、1892年)を底本とし、桐壺更衣の死・雨夜の品定め・若紫の垣間見の場面は三上参次・高津鍬三郎『日本文学史 上巻』(金港堂、1890年)を底本としている。Librairie Ch. Delagrave
1922大正11英語Oswald WhiteParting「賢木(一部)」※翻訳開始
1922大正11フランス語Kiku Yamata(Arthur Waley訳)Le Roman de Genji「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji 、「Feux croisés, âmes et terres étrangères」の1つ。◎PLON
1923大正12フランス語Michel RevonLe Ghennji monogatari「桐壺」・「帚木」・「若紫」※1910年の5版。抄訳、『Anthologie de la littérature japonaise des origines au XXe siècle』に所収。(Ghennjiはママ)、桐壺更衣への寵愛の場面は鈴木弘恭『新撰日本文学史略』(青山清吉、1892年)を底本とし、桐壺更衣の死・雨夜の品定め・若紫の垣間見の場面は三上参次・高津鍬三郎『日本文学史 上巻』(金港堂、1890年)を底本としている。Librairie Ch. Delagrave
1924大正13ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichPovest o Gendzi, Blistatelnom printse. «Tsikada» (Utssemi)「空蝉」『東洋(ヴォストーク)』第4号に掲載全世界文学出版社
1925大正14英語Arthur WaleyThe tale of Genji「桐壺」〜「葵」※1925年に3回増刷されている。◎George&Allen&Unwin
1925大正14英語Arthur WaleyThe tale of Genji「桐壺」〜「葵」Houghton Mifflin
1925大正14ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichVechernii lik (Iugao). Glava ie ""Povest o Gendzi""「夕顔」『東洋(ヴォストーク)』第5号に掲載、『東洋(ヴォストーク)』第5号に掲載、底本:藤井紫影他編『新釈源氏物語』(新潮社、1911年)で、池辺義象・鎌田正憲『校定源氏物語詳解』(博文館、1916年)・池辺義象編『校註国文叢書・源氏物語(博文館、1913年)・『国語と国文学・源氏物語号』2巻第10号(至文堂、1925年10月)も参照した。全世界文学出版社
1926大正15/昭和1英語Arthur WaleyThe sacred tree : being the second part of "The tale of Genji" 「賢木」〜「松風」George&Allen&Unwin
1926大正15/昭和1英語Arthur WaleyThe sacred tree : being the second part of "The tale of Genji" 「賢木」〜「松風」Houghton Mifflin
1927昭和2英語Arthur WaleyA wreath of cloud : being the third part of "The tale of Genji" 「薄雲」〜「野分」George&Allen&Unwin
1927昭和2英語Arthur WaleyA wreath of cloud : being the third part of "The tale of Genji" 「薄雲」〜「野分」Houghton Mifflin
1927昭和2ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichIaponskaia literatura v obraztsakh i ocherkakh「帚木」※「雨夜の品定め」のみで題名は「雨夜に」、『日本文学の作品例と概説』所収)、底本:藤井紫影他編『新釈源氏物語』(新潮社、1911年)で、池辺義象・鎌田正憲『校定源氏物語詳解』(博文館、1916年)・池辺義象編『校註国文叢書・源氏物語(博文館、1913年)・『国語と国文学・源氏物語号』2巻第10号(至文堂、1925年10月)も参照した。Leningradskii institut zhirukh vostochnykh ii͡azykov
1927昭和2ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichIaponskaia literatura v obraztsakh i ocherkakh「帚木」※「雨夜の品定め」のみで題名は「雨夜に」、『日本文学の作品例と概説』所収)、底本:藤井紫影他編『新釈源氏物語』(新潮社、1911年)で、池辺義象・鎌田正憲『校定源氏物語詳解』(博文館、1916年)・池辺義象編『校註国文叢書・源氏物語(博文館、1913年)・『国語と国文学・源氏物語号』2巻第10号(至文堂、1925年10月)も参照した。Izd. Instituta zhivykh vostochnykh i͡azykov im. A.S. Enukidze
1928昭和3英語Arthur WaleyBlue trousers : being the fourth part of "The tale of Genji" 「行幸」〜「幻」Unwin Brothers
1928昭和3英語Arthur WaleyBlue trousers : being the fourth part of "The tale of Genji" 「行幸」〜「幻」Houghton Mifflin
1928昭和3
フランス語Michel RevonLe Ghennji monogatari「桐壺」・「帚木」・「若紫」※1910年の6版。抄訳、『Anthologie de la littérature japonaise des origines au XXe siècle』に所収。(Ghennjiはママ)、桐壺更衣への寵愛の場面は鈴木弘恭『新撰日本文学史略』(青山清吉、1892年)を底本とし、桐壺更衣の死・雨夜の品定め・若紫の垣間見の場面は三上参次・高津鍬三郎『日本文学史 上巻』(金港堂、1890年)を底本としている。Librairie Ch. Delagrave
1928昭和3フランス語Kiku Yamata(Arthur Waley訳)Le Roman de Genji「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji PLON
1928昭和3スウェーデン語Annastina Alkman(Arthur Waley訳)Genjis roman「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji Bokförlaget Natur och Kultur
1929昭和4英語Arthur WaleyThe tale of Genji 「桐壺」〜「葵」1925年版に紫式部の生涯と時代および『源氏物語』の成立についての解説を加えたものである。Houghton Mifflin
1930昭和5オランダ語Ellen FOREST(Arthur Waley訳)Het Verhaal van Prins Genji「桐壺」〜「葵」Holkema & Warendorf
1932昭和7英語Arthur WaleyThe lady of the boat : being the fifth part of "The tale of Genji"「匂宮」〜「宿木(前半)」序文に金子元臣著『定本源氏物語新解下』(明治書院、1930年)を参照したとある。Unwin Brothers
1932昭和7英語Arthur WaleyThe lady of the boat : being the fifth part of "The tale of Genji" 「匂宮」〜「宿木(前半)」Houghton Mifflin
1933昭和8英語Arthur WaleyThe bridge of dreams : being the second volume of "The lady of the boat" and the final part of "The tale of Genji" 「宿木(後半)〜夢浮橋」序文に金子元臣著『定本源氏物語新解下』(明治書院、1930年)を参照したとある。◎Unwin Brothers
1935昭和10ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichFreilina Kiritsubo. Glava iz pomana「桐壺」『東洋(ヴォストーク)』に掲載、底本:藤井紫影他編『新釈源氏物語』(新潮社、1911年)で、池辺義象・鎌田正憲『校定源氏物語詳解』(博文館、1916年)・池辺義象編『校註国文叢書・源氏物語(博文館、1913年)・『国語と国文学・源氏物語号』2巻第10号(至文堂、1925年10月)も参照した。なお、この訳は『Bibliografii︠a︡ I︠A︡ponii : literatura, izdannai︠a︡ v Sovetskom Soi︠u︡ze na russkom i︠a︡zyke s 1917 po 1958 g. 』(『1917年~1958年にかけてソ連で出版された日本関連文献の目録』)というタイトルで1960年にマイクロフィルム可されている。アカデミア出版
1933昭和8英語Arthur WaleyThe bridge of dreams : being the second volume of "The lady of the boat" and the final part of "The tale of Genji" 「宿木(後半)〜夢浮橋」Houghton Mifflin
1934昭和9英語末松謙澄Genji monogatari「桐壺」〜「絵合」※日本版三角社
1935昭和10英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts「桐壺」〜「夢浮橋」Houghton Mifflinin
1935昭和10英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts「桐壺」〜「夢浮橋」6巻を3巻ずつまとめたもの。◎George&Allen&Unwin
1935昭和10英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in four parts「行幸」〜「幻」Literary Guild
1935昭和10英語Arthur WaleyThe tale of Genji「桐壺」・「帚木」、「夕顔」~「葵」・「須磨」※「Kairyudo Japanese Classics1」、,曽根保という日本英語教育界の第一人者が英語教材として使用する目的で編集したもの。開隆堂書店
1937昭和12ドイツ語Herberth E. Herlitschka(Arthur Waley訳)Die Abenteuer des Prinzen Genji「桐壺」・「帚木」、「夕顔」~「葵」・「須磨」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiInsel Verlag
1941昭和16スペイン語Fernando GutiérrezGenji Monogatari(Romance de Genji)「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji
、KIKU YAMATAの『Le Roman de Genji』にも影響を受けた。
Editional Juventud
1942昭和17イタリア語Ivo DOMENICHINI(Kiku Yamata訳)Il romanzo di Genji「桐壺」〜「葵」底本:Kiku Yamata,Le Roman de Genji
Casa Editrice G. Nerbini
1943昭和18イタリア語Ivo DOMENICHINI(Kiku Yamata訳)Il romanzo di Genji「桐壺」〜「葵」底本:Kiku Yamata,Le Roman de GenjiCasa Editrice G. Nerbini
1944昭和19イタリア語Piero JAHIERLa signora della barca. Il ponte dei sogni「匂宮」〜「夢浮橋」底本:Arthur Waley『The tale of Genji』Bompiani
1947昭和22ドイツ語Walte DonatDas junge Veilchen(若いすみれ)「若紫」(光源氏と藤壺の密通の場面を除く)底本:不明。ただし古典より翻訳。Berlin&Buxtehude:Hübner
1952昭和27フランス語Kiku YamataLe Roman de Genji「桐壺」〜「葵」※1928年の再版
PLON
1954昭和29ドイツ語Herbert E. HerlitschkaDie Abenteuer des Prinzen Genji1巻は「桐壺」〜「朝顔」、2巻は「少女」〜「幻」※1937年と同内容、底本:Arthur Waley,The tale of Genji、Genji : die Geschichte vom Prinzen1〜2という別名で登録されているデータもある。
Insel Veriag
1955昭和30英語Arthur WaleyThe tale of Genji「桐壺」〜「葵」※1926年版の第1巻をペーパーバックとして、第3巻にある解説を冒頭につけたもの。◎Doubleday
1955昭和30セルビア語Sreten Llic(Arthur Waley訳)Gendzi : Roman「桐壺」〜「葵」〔66〕底本:Arthur Waley『The tale of Genji』,「Biblioteka Majstora romana,knjiga」の4巻Kosmos
1956昭和31英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts「桐壺」〜「夢浮橋」6巻を3巻ずつまとめたもの。Allen & Unwin
1957昭和32ヒンディー語Chhabinath Pande(Arthur Waley訳)Genji Ki Kahani「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji、2000年と2010年に再版される。Sahitya Akademi
1957昭和32イタリア語Adriana Motti(Arthur Waley訳)Storia di Genji il principe splendente「桐壺」〜「幻」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiEinaudi tascabili
1957昭和32中国語銭稲孫源氏物語「桐壺」※『訳文』1957年8月号に掲載人民文学出版社
1959昭和34英語Arthur WaleyThe Sacred Tree「賢木」〜「松風」※1926年版の第2巻のペーパーバックにしたものである。「Anchor books, A176」Doubleday
1959昭和34英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji※翻訳開始、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)
1959昭和34フランス語Charles HaguenauerLe Genji monogatari「桐壺」「Bibliothèque de l'Institut des hautes études chinoise」シリーズの
第12巻、◎
Presses universitaires de France
1960昭和35英語Arthur WaleyThe tale of Genji: a novel in six parts※George&Allen&Unwin1935年版のペーパーバックRandam House Modern Library 
1961昭和36中国語豊子愷源氏物語※翻訳開始、底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』、金子元臣『定本源氏物語新解』かと推測されている。
1961昭和36パンジャービー語Jagjeet Singh Anand(Arthur Waley訳)Genji dī kahānī「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
1962昭和37テルグ語N. V. R. Krishnamachaya(Arthur Waley訳)Genji Gatha「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji

Sahitya Akademi
1963昭和36ドイツ語Herbert E. HerlitschkaDie Schonsten Liebesgeschicten Des Prinzen Genji1巻は「桐壺」〜「朝顔」、2巻は「少女」〜「幻」※ペーパーバック版、底本:Arthur Waley,The tale of GenjiDt.Taschenbuch Verlag
1963昭和38ハンガリー語Bela HamvasGendzsi Regénye1巻「桐壺」~「松風」、2巻「薄雲」~「幻」、3巻「匂宮」~「夢浮橋」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiEurópa Könyvkiadó
1965昭和40英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts「桐壺」〜「夢浮橋」※1956年の第4版
Allen & Unwin
1965昭和40タミル語K. Appadurai(Arthur Waley訳)Genji katai「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
1965昭和40マラヤラム語P.K.Eapen(Arthur Waley訳)Genjiyude Katha「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genjiof GenjiSahitya Akademi
1966昭和41ドイツ語Oscar BenlGenji-Monogatari底本:複数あるか。主に使用したのは『日本古典文学大系』(岩波書店)、1955年に一部を発表している(塚越敏「ドイツにおける日本古典の翻訳と現状」『かがみ』創刊号、1959年)、「マネッセ文庫コロナシリーズ」の1つ。

Manesse
1968昭和43スロヴェニア語Silvester Škerl(Herbert E. Herlitscka 訳)PRINC IN DVORNE GOSPE1〜21巻は「桐壺」〜「朝顔」、2巻は「少女」〜「幻」※翻訳開始、底本:Herbert E. Herlitscka ,DIE GECHICHTE VOM PRINZEN GENJI
Državna založba
1969昭和44オランダ語Hans Cornelis ten Berge(Arthur Waley訳)Yugao「夕顔」底本:Arthur Waley,The tale of Genji、5つの能楽作品の翻訳も掲載
1970昭和45英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts 1巻は「桐壺」〜「野分」、2巻は「行幸」〜「夢浮橋」2巻本を1冊にまとめたもの◎Charles E.Tuttle Company
1971昭和46英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts by lady Murasaki1巻は「桐壺」〜「野分」、2巻は「行幸」〜「夢浮橋」※1935年版のペーパーバック、ユネスコの「日本の翻訳書」シリーズで、2巻本を1箱にまとめたTuttle版の第2刷☆Charles E.Tuttle Company
1971昭和46ウルドゥ語Syed Ehtesham Hussain(Arthur Waley訳)Genji ki Kahani「桐壺」〜「葵」※翻訳開始、底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Sahitya Akademi
1971昭和46ヘブライ語Dan SachsMAASE GENJISchocken
1972昭和47英語Arthur WaleyThe tale of Genji6巻を3巻ずつまとめたもの。Charles E. Tuttle
1973昭和48中国語林文月源氏物語※中国語訳を月刊誌『中外文学』に連載開始、底本は『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1973昭和48中国語左秀靈源氏物語※翻訳開始台北名山出版社
1974昭和49英語末松謙澄Genji monogatari「桐壺」〜「絵合」※Terence Barrowによる序文がある。末松訳がPersian and Japanese Literture,Colonial Press,1900に収録されているとの記述がある。◎Charles E. Tuttle
1974昭和49英語Arthur WaleyThe tale of Genji : a novel in six parts1巻は「桐壺」〜「野分」、2巻は「行幸」〜「夢浮橋」「UNESCO collection of representative works Japanese seri」の1つ。Charles E. Tuttle
1974昭和49中国語林文月源氏物語(一)「桐壺」〜「須磨」底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1975昭和50ハングル柳呈源氏物語(ゲンジ イヤギ)底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・与謝野晶子『源氏物語』・谷崎潤一郎『源氏物語』、このうち与謝野晶子訳を最も参考にしている。乙酉文化社
1976昭和51英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)Tuttle Publishing
1976昭和51英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)Secker and Warburg
1976昭和51英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「花宴」、2巻は「藤裏葉」〜「夢浮橋」底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)◎Alfred A.Knopf
1976昭和51中国語林文月源氏物語(二)「明石」〜「篝火」底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1977昭和52英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「花宴」、2巻は「藤裏葉」〜「夢浮橋」※1976年の再版、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)Alfred A.Knopf
1977昭和52中国語林文月源氏物語(三)「野分」〜「鈴虫」底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1977昭和52フランス語René SieffertLe dit du Genji「桐壺」〜「藤裏葉」底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)Publications orientalistes de France
1977昭和52スペイン語Manuel TabaresLa fugitiva de Chujo「夕顔」底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Editorial Galerna
1978昭和53英語Edward G. SeindenstickerThe tale of Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)、「BorozoiBooks」の1つ。ペーパーバックAlfred A.Knopf
1978昭和53英語Edward G. SeindenstickerThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「若菜下」、2巻は「藤裏葉」〜「夢浮橋」底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)、箱入りの2冊本セット◎Charles E.Tuttle Company
1978昭和53フランス語René SieffertLe dit du Genji 2巻本「桐壺」〜「藤裏葉」※1977年の再版、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)
Publications orientalistes de France
1978昭和53中国語豊子愷源氏物語※台湾版、翻訳開始、※翻訳開始、底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。
1978昭和53中国語林文月源氏物語(四)「夕霧」〜「早蕨」底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1978昭和53中国語林文月源氏物語(五)「宿木」〜「夢浮橋」底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1979昭和54ハングル柳呈源氏物語(ゲンジ イヤギ)底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・与謝野晶子『源氏物語』・谷崎潤一郎『源氏物語』、このうち与謝野晶子訳を最も参考にしている。『新装版世界文学全集』第4・5巻に所収乙酉文化社
1980昭和55英語Arthur WaleyThe tale of Genji※1960年の再版Modern Library
1980昭和55中国語豊子愷源氏物語(上)「桐壺」〜「朝顔」底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。『日本文学叢書』シリーズの1つ。人民文学出版社
1980昭和55中国語豊子愷源氏物語3巻本完訳底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。人民文学出版社
1980昭和55中国語豊子愷源氏物語3巻本完訳底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。『名著名译插图本 』シリーズの1つ。人民文学出版社
1980昭和55中国語豊子愷源氏物語(上・下)完訳底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。『世界名著文庫』シリーズの1つ
人民文学出版社
1980昭和55フィンランド語Martti Turunrn / Kai Nieminen(和歌部分)Genjin tarina1「桐壺」〜「葵」底本:『日本古典文学全集』(小学館)☆Kustannusosakeyhtiö Otavan painolaiyokset
1981昭和56英語Edward G. SeindenstickerThe tale of Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)、Secker and Warburgから1976年に出版されたものの再版Penguin
1981昭和56イタリア語Piero JAHIERLa signora della barca. Il ponte dei sogni「匂宮」〜「夢浮橋」※1944年~1947年版を再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji、「Nuovo portico」シリーズの26・27
Bompiani
1981昭和56ロシア語Boronina, Irina AleksandrovnaGendzi monogatari※2007年にミシガン大学でデジタル化された。◎Nauka
1982昭和57フィンランド語Martti Turunrn / Kai NieminenGenjin tarina  2「賢木」〜「松風」底本:『日本古典文学全集』(小学館)☆Kustannusosakeyhtiö Otavan painolaiyokset
1982昭和57中国語豊子愷源氏物語(中)「乙女」〜「夕霧」底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。『日本文学叢書』シリーズの1つ。人民文学出版社
1982昭和57中国語林文月源氏物語 上下底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1982昭和57フランス語René de Cecca-tty/Ryoji NakamuraLe Roman de Genji※『Mille ans de littérature japonaise : une anthologie du VIIIe au XVIIIe siècle 』所収Éditions de la différence
1982昭和57ハングル柳呈源氏物語(ゲンジ イヤギ)底本:『日本古典文学大系』・与謝野晶子『源氏物語』・谷崎潤一郎『源氏物語』、このうち与謝野晶子訳を最も参考にしている。『世界代表古典文学全集 』第7・8巻に所収、乙酉文化社版の抄訳韓国出版社
1983昭和58フィンランド語Martti Turunrn / Kai Nieminen(和歌部分)Genjin tarina 3「薄雲」〜「野分」底本:『日本古典文学全集』(小学館)☆Kustannusosakeyhtiö Otavan painolaiyokset
1983昭和58中国語豊子愷源氏物語(下)「御法」〜「夢浮橋」底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。『日本文学叢書』シリーズの1つ。人民文学出版社
1983昭和58アッサム語Atulchandra Hazarika(Arthur Waley訳)Genjikonvarar Sadhu 「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji、2005年に第2刷Sahitya Akademi
1984昭和59パンジャービー語Jagjeet Singh Anand(Arthur Waley訳)Genji dī Kahānī「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
1984昭和59オディア語Prabhāsa Candra Satapathī(Arthur Waley訳)Genji Charita「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
1984昭和59マラヤーラム語P.K.Eapen(Arthur Waley訳)Genjiyude Katha「桐壺」〜「葵」※1965年の再版、※1965年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
1985
昭和60英語Edward G. SeindenstickerTHE TALE OF GENJI「桐壺」・「夕顔」・「若紫」・「紅葉賀」〜「澪標」・「絵合」※1976年版から「桐壺」・「夕顔」・「若紫」・「紅葉賀」〜「澪標」・「絵合」を抜粋したもの。
Vintage
1985昭和60フランス語René sieffertLe dit du Genji1巻「桐壺」〜「澪標」、2巻「蓬生」〜「藤裏葉」※1977年の再版、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)Publications orientalistes de France
1985昭和60中国語林文月源氏物語 上下底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1986昭和61フランス語Michel RevonLe Ghennji monogatari「桐壺」・「帚木」・「若紫」※抄訳、『Anthologie de la littérature japonaise des origines au XXe siècle』に所収。(Ghennjiはママ)、桐壺更衣への寵愛の場面は鈴木弘恭『新撰日本文学史略』(青山清吉、1892年)を底本とし、桐壺更衣の死・雨夜の品定め・若紫の垣間見の場面は三上参次・高津鍬三郎『日本文学史 上巻』(金港堂、1890年)を底本としている。Vertiges Publications
1986昭和61スウェーデン語Kristina Hasselgren(Arthur Waley訳)Berättelsen om Genji「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Natur och kultur
1987昭和62中国語林文月源氏物語 上下底本:『日本古典文学全集』(小学館)中外文学月刊社
1987昭和62ドイツ語Herbert E. HerlitschkaDie Abenteuer des Prinzen Genji1巻は「桐壺」〜「幻」、2巻は「匂宮」〜「夢浮橋」※1937年の再版、1954年版のペーパーバック版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji ◎Insel Verlag
1988昭和63英語Richard BowringMurasaki Shikibu, The tale of GenjiCambridge University Press
1988昭和63フランス語René sieffertLe dit du Genji1巻「桐壺」〜「藤裏葉」、2巻「若菜〜夢浮橋」※「藤裏葉」までは1977年・1985年と同内容、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)◎Publications orientalistes de France
1989昭和64/平成1英語Alan.Tansman、(監修)清水好子、(英訳監修)小中陽太郎The illustrated tale of Genji : a classic Japanese romance(The Illustrated 源氏物語「英語版」)新人物往来社
1989昭和64/平成1英語広瀬ヰサ子著 、スーザン・タイラー訳、(監修)ドナルド・キーン源氏物語入門 = An introduction to The Tale of Genji広瀬ヰサ子
1989昭和64/平成1英語中村諒一英訳源氏物語抄※抄訳
1990平成2英語Edward G. SeindenstickerTHE TALE OF GENJI「桐壺」・「夕顔」・「若紫」・「紅葉賀」〜「澪標」・「絵合」底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)☆◎Vintage
1990平成2英語中村諒一源氏物語「桐壺」〜「葵」※抄訳
1990平成2フィンランド語Kai NieminenGenjin tarina 4「行幸」〜「藤裏葉」底本:『日本古典文学全集』(小学館)☆Kustannusosakeyhtiö Otavan painolaiyokset
1990平成2中国語温祖蔭源氏物語香港学林書店
1991平成3ロシア語Konrad, Nikolaĭ IosifovichIaponskaia literatura v obraztsakh i ocherkakh「帚木」※1927年の再版。「雨夜の品定め」のみで題名は「雨夜に」、『日本文学の作品例と概説』所収)、底本:藤井紫影他編『新釈源氏物語』(新潮社、1911年)で、池辺義象・鎌田正憲『校定源氏物語詳解』(博文館、1916年)・池辺義象編『校註国文叢書・源氏物語(博文館、1913年)・『国語と国文学・源氏物語号』2巻第10号(至文堂、1925年10月)も参照した。Izd. Instituta zhivykh vostochnykh i͡azykov im. A.S. Enukidze
1991平成3ロシア語Tatiana L. Sokolova-DeliusinaPovest o Gendzi「桐壺」〜「明石」谷崎潤一郎『源氏物語』、円地文子『源氏物語』、Arthur Waley,The tale of Genji,1965、Edward G. Seidensticker,The Tale of Genji,1977なども参考にした。1992年に付録のみのものを出版する。
Nauka
1991平成3ドイツ語Jens Rickmeyer, Iris HasselbergKLASSISCHJAPANISCHE LEKTÜRE「桐壺」原文読解を示したドイツ語のテキスト。HeimutBuske
1991平成3ベトナム語不明(Edward G. Seidensticker訳)Truyen ke Genji「1巻は「桐壺」〜「梅枝」、2巻は「藤裏葉」〜「夢浮橋」底本:Edward G. Seidensticker,The tale of Genji、トヨタ財団の助成を受けて出版された。Social Sciences Publishing House(社会科学出版局)
1992平成4英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)D. Campbell
1992平成4英語Edward G. SeidenstickerThe tale of Genji「Everyman'sLibrary108」、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店),2冊本を1冊にまとめたもの。◎Alfred A. Knopf
1992平成4スペイン語Fernando GutiérrezGenji monogatari「桐壺〜葵」※1941年の再版、底本:※1941年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of GenjiEditional Juventud
1992平成4スペイン語Fernando Gutiérrez(Arthur Waley訳)Genji monogatari「桐壺〜葵」※1941年の再版、※1941年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of GenjiJosé J. de Olañeta(Lunas)
1992平成4スペイン語Fernando Gutiérrez(Arthur Waley訳)Genji monogatari「桐壺〜葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji◎José J. de Olañeta(Torre de Viento)
1992平成4ドイツ語Oscar BenlDie Geschichte vom Prinzen Genji完訳※1966年の再版、底本:複数あるか。主に使用したのは『日本古典文学大系』(岩波書店)Manesse
1992平成4イタリア語Adriana Motti(Arthur Waley訳)Storia di Genji il principe splendente「桐壺」〜「幻」※1957年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji☆◎Giulio Einaudi editore
1993平成5英語Arthur WaleyThe tale of GenjiModern Library
1993平成5英語中村諒一源氏物語「賢木」〜「松風」※抄訳
1993平成5ロシア語Tatiana L. Sokolova-DeliusinaPovest o Gendzi「澪標」〜「夢浮橋」谷崎潤一郎『源氏物語』、円地文子『源氏物語』、Arthur Waley,The tale of Genji,1965、Edward G. Seidensticker,The Tale of Genji,1977なども参考にした。

Nauka
1993平成5中国語豊子愷源氏物語完訳"底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。「世界文学名著文庫」のシリーズ☆人民文学出版社
1994平成6ポーランド語Melanowicz MikołajLiteratura JAPOŃSKA※抄訳PWN出版
1994平成6英語Helen Craig McCulloughGenji & Heike「桐壺」・「帚木」・「夕顔」・「若紫」・「紅葉賀」・「葵」・「須磨」・「明石」・「若菜下」・「御法」※抄訳
Stanford University Press
1995平成7英語中村諒一源氏物語「薄雲」〜「篝火」※抄訳
1995平成7ドイツ語Herbert E. Herlitschka(Arthur Waley訳)Die Abenteuer des Prinzen Genji1巻は「桐壺」〜「幻」、2巻は「匂宮」〜「夢浮橋」※1987年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji,1935
☆◎
Insel Veriag
1996平成8中国語殷志俊源氏物語完訳远方出版社
1997平成9中国語林文月源氏物語「桐壺」・「帚木」・「夕顔」・「若紫」・「花散里」底本:『日本古典文学全集』(小学館)、「世界文学大師《随身譚》」シリーズの第2巻洪範書店有限公司
1998平成10英語中村諒一源氏物語「野分」・「行幸」・「藤袴」・各巻の抄、「真木柱」、「梅枝」・ 「藤裏葉」、「桐壺」、「帚木」、「空蝉」・「夕顔」(刊行順)窓映社
1998平成10中国語林文月源氏物語「桐壺」・「帚木」・「夕顔」・「若紫」・「花散里」※1997年の再版、底本:『日本古典文学全集』(小学館)、「世界文学大師《随身譚》」シリーズの第2巻☆洪範書店有限公司
1998平成10フランス語René sieffertLa Branche Du Prunier「明石」・「松風」・「薄雲」・「初音」・「梅枝」・「藤裏葉」底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)、「Collection Grand Pollen」の1冊。Publications orientalistes de France
1998平成10スペイン語Fernando Gutiérrez(Arthur Waley訳)Genji Monogatari(Romance de Genji)「桐壺」〜「葵」※1941年と同内容、底本:Arthur Waley,The tale of Genji、KIKU YAMATA,Le Roman de Genjiにも影響を受けた。Editional Juventud
1999平成11ハングル田溶新겐지 이야기(ゲンジ イヤギ)完訳底本:『日本古典文学全集』(小学館)
나남출판(ナナム出版)
2000平成12英語末松謙澄The tale of Genji「桐壺」〜「絵合」※1974年版の新装版☆Tuttle Publishing
2000平成12英語Arthur WaleyThe tale of Genji初版の第1巻に紫式部の生涯と時代および『源氏物語』の成立についての解説を加えたものである。扉裏の記述によると1929年のHoughton Mifflin版の復刻である。Dover Publications
2000平成12オランダ語Hans Cornelis ten Berge(Edward G. Seidensticker訳)Avondgezichten「夕顔」・「若紫」・「花宴」・「葵」・「賢木」・「花散里」・「須磨」・「明石」底本:Edward G. Seidensticker、The Tale of Genji、Arthur Waley,The tale of Genjiも参照。Meulenhoff
2000平成12ヒンディー語Chhabinath Pande(Arthur Waley訳)Gēn̄jī kī kathā「桐壺」〜「葵」※1957年の再版、底本:Arthur Waley『The tale of Genji』
Sahitya Akademi
2000平成12中国語林文月源氏物語底本:『日本古典文学全集』(小学館)洪範書店有限公司
2001平成13ロシア語Tatiana L. Sokolova-DeliusinaPovest o Gendzi完訳"谷崎潤一郎『源氏物語』、円地文子『源氏物語』、Arthur Waley,The tale of Genji,1965、Edward G. Seidensticker,The Tale of Genji,1977なども参考にした。
Nauka
2001平成13ミャンマー語Khin Wine Ye源氏物語※翻訳開始
2001平成13パンジャービー語Jagjeet Singh Anand(Arthur Waley訳)Genji dī Kahānī 「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiSahitya Akademi
2001平成13英語Royall TylerThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「藤裏葉」、2巻は「若菜上」〜「夢浮橋」底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)・『新日本古典文学大系』(岩波書店)、2巻本
Viking
2001平成13英語Royall TylerThe tale of Genji完訳底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)・『新日本古典文学大系』(岩波書店)
☆◎
Penguin Books
2001平成13中国語豊子愷源氏物語底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。人民文学出版社
2001平成13中国語黄 锋 华源氏物語上巻は「桐壺」〜「朝顔」、中巻は「少女」〜「夕霧」、下巻は「御法」〜「夢浮橋」内蒙古儿童少年出版社(内蒙古少年児童出版社)
2002平成14英語Arthur WaleyThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「野分」、2巻は「行幸」〜「夢浮橋」※1970年の新装版で、箱入り2冊本の拡大版。☆Tuttle Publishing
2002平成14英語Edward G. SeindenstickerThe tale of Genji1巻は「桐壺」〜「若菜下」、2巻は「藤裏葉」〜「夢浮橋」※1976年の16版の拡大版、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店),箱入り2冊本セット☆Charles E.Tuttle Company
2002平成14チェコ語Karel FialaPribeh prince Gendziho「桐壺」〜「須磨」佐伯梅友校注『源氏物語購読』、Royall Tyler,The tale of Genjiを参考にしたとする。
☆◎
PASEKA
2002平成14ハングル朴光華源氏物語韓釈「桐壺」『文華』第1号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)日本文学研究会
2002平成14中国語豊子愷源氏物語完訳※台湾版、底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。
木馬文化事業有限公司
2002平成14中国語夏元清源氏物語完訳吉林摄影出版社
2002平成14中国語殷志俊源氏物語完訳云南人民出版社
2002平成14中国語梁春源氏物語云南人民出版社
2002平成14スペイン語Fernando Gutiérrez(Arthur Waley訳)Genji Monogatari(Romance de Genji)「桐壺」〜「葵」※1941年と同内容、底本:Arthur Waley,The tale of Genji、KIKU YAMATA,Le Roman de Genjiにも影響を受けた。
Torre de Viento
2002平成14イタリア語Piero Jahier(「匂宮」〜「宿木」前半)、Pier Francesco Paolini(「宿木」後半〜「夢浮橋」)LA SIGNORA DELLA BARCA. IL PONTE DEI SOGNI「匂宮」〜「夢浮橋」※1981年の再版(ポケットブック版)底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Bompiani
2002平成14タミル語K. Appadurai(Arthur Waley訳)Genji katai「桐壺」〜「葵」※1965年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji

Sahitya Akademi
2003平成15英語Royall TylerThe tale of Genji底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)・『新日本古典文学大系』(岩波書店)◎Penguin
2003平成15ハングル朴光華源氏物語韓釈「薄雲」『文華』第2号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)日本文学研究会
2003平成15セルビア語Sreten Llic(Arthur Waley訳)Gendzi : Roman「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Zlatousti
2004平成16英語Richard BowringMurasaki Shikibu, The tale of GenjiCambridge University Press
2004平成16ドイツ語Herbert E. Herlitschka(Arthur Waley訳)Die Geschichte vom Prinzen Genji※Markus Koller and Max Spindler による『German books on Japan 1477 to 1945 』をマイクロ化したもの、底本:Arthur Waley,The tale of Genji
2004平成16ドイツ語Maximilian Müller-Jabusch(末松謙澄訳)Die Abenteuer des Prinzen Genji底本:末松謙澄『Genjimonogatari』
2004平成16クロアチア語Nikica Petrak(Edward G. Seidensticker訳)Povijest o Genjiju「桐壺」・「夕顔」・「若紫」・「紅葉賀」・「花宴」〜「澪標」・「絵合」底本:Edward G. Seidensticker,The Tale of GenjiNaklada Ljevak
2004平成16スペイン語Fernando Gutiérrez(Arthur Waley訳)Genji Monogatari(Romance de Genji)「桐壺」〜「葵」※1941年と同内容(ただし、出版社は別)、底本:Arthur Waley,The tale of Genji、KIKU YAMATA,Le Roman de Genjiにも影響を受けた。
José J. de Olañeta
2004平成16アラビア語Ahmed Mostafa Fathy(瀬戸内寂聴訳)سيرة الأمير جينجي「桐壺」・「空蝉」〜「賢木」・「須磨」〜「蓬生」・「松風」・「少女」〜「初音」・「野分」・「真木柱」・「藤裏葉」〜「柏木」・「夕霧」〜「幻」・「浮舟」※抄訳
メリット出版社
2004平成16中国語梁春源氏物語※2002年の再版云南人民出版社
2004平成16中国語豊子愷源氏物語完訳底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。☆人民文学出版社
2004平成16ハングル朴光華源氏物語韓釈「御法」『文華』第3号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2005平成17チェコ語Karel FialaPribeh prince Gendziho「明石」〜「藤裏葉」佐伯梅友校注『源氏物語購読』、Royall Tyler,The tale of Genjiを参考にしたとする。
PASEKA
2005平成17スペイン語Xavier Roca-FerrerLa novela de Genji「桐壺」〜「藤裏葉」Destino
2005平成17スペイン語Jordi Fibla(Royall Tyler訳)La historia de Genji「桐壺」〜「幻(雲隠)」底本:Royall Tyler,The tale of Genji ◎ATARANTA
2005平成17ポーランド語Krystyna Wilkoszewska/Iwona Kordzińskiej-NawrockiejESTETYKA JAPOŃSKA SŁOWA I OBRAZY ANTOLOGIA「帚木」・「紅葉賀」・「絵合」・「少女」・「篝火」※抄訳Universitas出版
2005平成17ハングル朴光華源氏物語韓釈「総角」『文華』第4号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2005平成17アッサム語Atulchandra Hazarika(Arthur Waley訳)Genjikonvarar Sadhu「桐壺」〜「葵」底本:Arthur Waley,The tale of Genji
※1983年の再版
Sahitya Akademi
2006平成18英語末松謙澄The tale of Genji「桐壺」〜「絵合」※Tuttle版の新装版Tuttle Publishing
2006平成18英語Edward G. SeindenstickerThe tale of Genji完訳※「Everyman'sLibrary108」の再版本、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店),2冊本を1冊にまとめたもの。Dark Horse Comics
2006平成18英語Royall TylerThe tale of Genji Abridged「桐壺」〜「絵合」底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)・『新日本古典文学大系』(岩波書店)
Penguin Books
2006平成18リトアニア語Dalia Svambaryteなし(『Komparatyvistinė Rytų irVakarų estetika』)に収録「桐壺」・「帚木」底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)☆Vilniaus  universitetas leidykla
2006平成18中国語姚 继 中源氏物語完訳深圳報業集団出版社
2006平成18中国語鄭民欽源氏物語北京燕山出版社
2006平成18中国語宋瑞芬源氏物語 上※翻訳開始中国戏剧出版社
2006平成18スペイン語Xavier Roca-FerrerLa novela de Genji「若菜上」〜「夢浮橋」Arthur Waley,The tale of Genjiのほか、フランス語・ドイツ語訳を参照している。◎Destino
2006平成18スペイン語Jordi Fibla(Royall Tyler訳)A historia de Genji「匂宮」〜「夢浮橋」底本:Royall Tyler,The tale of Genji ◎ATARANTA
2006平成18ハングル朴光華源氏物語韓釈「夕顔」『文華』第5号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2006平成18イタリア語Adriana MottiStoria di Genji il principe splendente「桐壺」〜「幻」※1957年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji
☆◎
Giulio Einaudi editore
2007平成19チェコ語Karel FialaPribeh prince Gendziho「若菜上」〜「幻(雲隠)」佐伯梅友校注『源氏物語購読』、Royall Tyler,The tale of Genjiを参考にしたとする。
PASEKA
2007平成19中国語鄭民欽源氏物語北京燕山出版社
2007平成19ハングル金蘭周(瀬戸内寂聴訳)겐지 이야기瀬戸内寂聴『現代語訳 源氏物語』(1998年完結)
☆◎
한길사(ハンギルサ)
2007平成19ハングル朴光華源氏物語韓釈「葵」『文華』第6号に掲載、底本:『日本古典文学全集(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2007平成19ポルトガル語Ligia Mailheiro(1巻)、Elisabete Calha Reia(2巻)O Romance de Genji1巻は「桐壺」〜「藤裏葉」、2巻は「若菜上」〜「夢浮橋」底本:René Sieffert,Le dit du Genji,POF,1988、Arther Waley,The tale of Genji,Houghton Mifflin,1929、Xavier Roca-FERRER、La Novela de Genji,Ediciones Destino,2005
Exodus
2007平成19フランス語René sieffertLe dit du Genji(大型3巻本)1巻「桐壺」〜「関屋」、2巻「絵合」〜「鈴虫」、3巻「夕霧」〜「夢浮橋」※1985年と本文は同じ、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)
Diane de Selliers
2008平成20ポルトガル語Carlos Correia Monteiro de OliveiraO Romance Do Genji1巻は「桐壺」〜「須磨」、2巻は「明石」〜「藤裏葉」底本:Arthur Waley,The tale of Genji,Londres,1935、Edward.G. Seidensticker,The tale of Genji,Alfred A.Knopf,1976、Royall Tyler,The tale of Genji,Viking,2001、Xavier Roca-FERRER、La Novela de Genji,Ediciones Destino,2005Exodus
2008平成20ポルトガル語Carlos Correia Monteiro de OliveiraO Romance Do Genji1巻は「桐壺」〜「須磨」、2巻は「明石」〜「藤裏葉」底本:Arthur Waley,The tale of Genji,Londres,1935、Edward.G. Seidensticker,The tale of Genji,Alfred A.Knopf,1976、Royall Tyler,The tale of Genji,Viking,2001、Xavier Roca-FERRER、La Novela de Genji,Ediciones Destino,2005
Relogio D'agua
2008平成20チェコ語Karel FialaPribeh prince Gendziho「匂宮」〜「夢浮橋」佐伯梅友校注『源氏物語購読』、Royall Tyler,The tale of Genjiを参考にしたとする。
PASEKA
2008平成20英語末松謙澄The tale of Genji「桐壺」〜「絵合」Tuttle Publishing
2008平成20英語Stuart Varnam-AtkinStories from The Tale of Genji Yūgao「夕顔」ラダーシリーズの1つ。
☆◎
IBCパブリッシング
2008平成20フランス語René sieffertLe dit du Genji: La petite collection完訳※2007年の小型本、『日本文学代表作品集』(平安文学では『大和物語』・『和泉式部日記』・『紫式部日記』・『紫式部集』・『更級日記』の翻訳が収録されている)、底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)Diane de Selliers
2008平成20フランス語René sieffertLe dit du Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)Publications orientalistes de France
2008平成20フランス語INALCO翻訳グループ(寺田澄江ほか)Le roman du Genji : Le clos du Paulownia「桐壺」イナルコ日本研究センター紀要『Cipango(シパンゴ)』2008年版に掲載、底本:『新潮古典集成』(新潮社)フランス国立東洋言語文化研究学院(INALCO)出版局
2008平成20オランダ語Jos Vos(Arthur Waley訳)Eeuwige reizigers「若紫」・「賢木」・「乙女」・「御法」底本:Arthur Waley,The tale of GenjiUitgeverij De Arbeiderspers
2008平成20トルコ語Can H. ErkinGenci Öyküsü※刊行予定であった、古典からの翻訳
2008平成20エスペラントTacuo Hugximoto(藤本達生)RAKONTARO GENGXI(Kiricubo)「桐壺」※『La Movado』2008年5月〜2009年3月号に掲載、中井和子『現代京ことば訳 源氏物語』を参考にしている。やましたとしひろ氏のサイトでも公開している。
ラ・モバード社
2008平成20ポーランド語Iwona Kordzińskiej-NawrockiejWKRĘGU TRADYCJI DWORU HEIAN 抄訳※論文に部分的な翻訳が見られる。TRIO出版
2008平成20中国語康景成源氏物語 上・下完訳※全彩図解、1000周年絶美記念版陕西师范大学出版社
2008平成20中国語豊子愷源氏物語人民文学出版社
2008平成20中国語彭飛 等新源氏物語上海文芸出版社
2008平成20中国語唐蓓源氏物語天津人民出版社
2008
平成20
ハングル金鍾徳겐지 이야기「桐壺」〜「夢浮橋」(抄訳)ジマンジ出版
2008平成20ハングル朴光華源氏物語韓釈「澪標」『文華』第7号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2008平成20マラヤーラム語P.K. Eapen(Arthur Waley訳)Genjiyude Katha「桐壺」〜「葵」※1965年の再版、底本:Arthur Waley,The tale of Genji
Sahitya Akademi
2009平成21ハンガリー語Horváth LászlóGENDZSI SZERELMEI 底本:Edward G. Seidensticker,The Tale of GenjiAlfred A. Knopf  1976年
Európa Könyvkiadó
2009平成21モンゴル語Ochirkhuu Jargalsaikhan(谷崎潤一郎訳)源氏物語「桐壺」〜「末摘花」底本:谷崎潤一郎『新々訳源氏物語』、中央公論社、1965年
ADMON
2009平成21ポーランド語Iwona Kordzińskiej-NawrockiejDZIESIĘĆ WIEKÓW GENJI MONOGATARI W KULTURZE JAPONII「帚木」・「夕顔」・「若紫」「紅葉賀」・「賢木」・「須磨」・「絵合」・「少女」・「蛍」・「篝火」ワルシャワ大学で2008年に行われた国際会議での発表を元にした論文集Wydawnictwa Uniwersytetu Warszawskiego
2009平成21ハングル朴光華源氏物語韓釈「浮舟」『文華』第8号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2009 平成21英語Arthur WaleyThe Tale of Genji 1970年版を1冊にまとめたもの。Pomegranate Communications
2009平成21英語Stuart Varnam-AtkinStories from The Tale of Genji Wakamurasaki「若紫」ラダーシリーズの1つ。
☆◎
IBCパブリッシング
2010平成22ロシア語Tatiana L. Sokolova-DeliusinaPovest o Gendzi完訳谷崎潤一郎『源氏物語』、円地文子『源氏物語』、Arthur Waley,The tale of Genji,1965、Edward G. Seidensticker,The Tale of Genji,1977なども参考にした。Nauka
2010平成22ヒンディー語Chavinath Pandey(Arthur Waley訳)Gēnjī kī Kathā(Genji Ki Kahani)「桐壺」〜「葵」※1957年の再版、底本:Arthur Waley『The tale of Genji』Sahitya Akademi
2010平成22エスペラントTacuo Hugximoto(藤本達生)RAKONTARO GENGXI(Hahakigi)「帚木」※『La Movado』2009年4月号〜2010年8月号に掲載、中井和子『現代京ことば訳 源氏物語』を参考にしている。やましたとしひろ氏のサイトでも公開している。ラ・モバード社
2010平成22ハングル朴光華源氏物語韓釈「蜻蛉」『文華』第9号、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2010平成22中国語豊子愷源氏物語※初版は1980年、3巻本。底本は与謝野晶子訳『源氏物語』、谷崎潤一郎訳『源氏物語(旧訳)』、佐成謙太郎『対訳源氏物語』(明治書院)、金子元臣『定本源氏物語新解』(明治書院)かと推測されている。「名著名訳挿図本」シリーズ人民文学出版社
2010平成22中国語王烜源氏物語完訳底本:与謝野晶子『源氏物語』中国华侨出版社
2010平成22中国語姚继中源氏物語鳳凰出版伝媒集団 江蘇人民出版社
2010平成22英語グレン・サリバン編英語で読む源氏物語 上下ジャパンタイムズ
2010平成22英語Arthur WaleyThe tale of Genji※ Dennis Washburnによる前書きが掲載されている。
☆◎
Tuttle Publishing
2010平成22スペイン語Jordi Fibla(Royall Tyler訳)La historia de Genji完訳底本:Royall Tyler,The Tale of GenjiAtalanta
2011平成23リトアニア語Dalia Svambaryteなし(『Intertekstualumas klasikinėje japonų literatūroje』)に収録「桐壺」・「葵」・「幻」底本:『新編日本古典文学全集』(小学館)☆Vilniaus  universitetas leidykla
2011平成23ハングル朴光華源氏物語韓釈「若紫」『文華』第10号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2011平成23英語H. Richard Okada、西本あづさThe tale of Genji : Japanese literature in English※『源氏物語』の英語論文集成
Routledge
2011平成23英語H. Richard OkadaCultures of reading The tale of GenjiRoutledge
2011平成23英語H. Richard OkadaGender, sexuality, women and men in The tale of GenjiRoutledge
2011平成23英語H. Richard OkadaThe tale of Genji and its othersRoutledge
2011平成23ハングル鈴木日出男、金 弘来처음 읽어 보는 겐지모노가타리(はじめての源氏物語)『はじめての源氏物語 (講談社現代新書)』(1991年)の韓国語訳글누림(クルヌリム)
2011平成23中国語林文月源氏物語「桐壺」~「明石」☆底本:『日本古典文学全集』(小学館)洪範書店有限公司
2011平成23中国語林文月源氏物語底本:『日本古典文学全集』(小学館)訳林出版社
2011平成23中国語豊子愷源氏物語完訳※初版は1980年、6刷。3巻本。「名著名訳挿図本」
人民文学出版社
2011平成23中国語鄭民欽源氏物語完訳北京燕山出版社
2011平成23中国語姚继中源氏物語江蘇人民出版社
2011平成23中国語姚继中源氏物語全訳挿図本/決定経典書庫シリーズ江蘇人民出版社
2011平成23中国語康景成源氏物語完訳陕西师范大学出版社
2011平成23英語末松謙澄The Tale of Genji : Genji Monogatari「桐壺」〜「絵合」※1900年の再版
ZuuBooks
2011平成23フランス語René sieffertLe dit du Genji完訳底本:『日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)・『新潮古典集成』(新潮社)
Verdier
2011平成23英語E.G.サイデンステッカー英訳、コトノ・キリエ 現代語訳英語対訳「源氏物語(桐壺)」: E.G.サイデンステッカー訳と読むバベルプレス
2012平成24ハングル朴光華源氏物語韓釈「須磨」『文華』第11号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2012平成24イタリア語Maria Tresa OrsiLA STORIA DI GENJI完訳底本:『新日本古典文学大系』(岩波書店)・『日本古典文学全集』(小学館)と『源氏物語の鑑賞と基礎知識』(至文堂)も参照。
☆◎
Giulio Einaudi editore
2012平成24中国語康景成源氏物語 上・下完訳陕西师范大学出版社
2012平成24中国語钱 澄从西 门 庆 到 贾 宝玉:《源氏物 语 》探析 苏州大学出版社
2012平成24中国語姚继中源氏物語※2006年の再版决定经典书系编委会
2012平成24中国語喬紅偉源氏物語北方文藝出版社
2013平成25英語Michael EmmerichThe tale of Genji : translation, canonization, and world literature※『源氏物語』に関する研究書。◎Columbia University Press
2013平成25中国語豊子愷源氏物語中国翻訳家訳叢 というシリーズ人民文学出版社
2013平成25中国語叶渭渠源氏物語作家出版社
2013平成25ハングル朴光華源氏物語韓釈「明石」『文華』第12号に掲載、底本:『日本古典文学全集』(小学館、1989年21版)
日本文学研究会
2013平成25スペイン語Hiroko Izumi Shimono、 Iván Augusto Pinto RománEl relato de Genji : 源氏物語 : Genji monogatari11巻は「桐壺」〜「篝火」※翻訳開始、底本は『日本古典文学全集』(小学館)・与謝野晶子『源氏物語』
ペルー日系人協会(APJ)
2013平成25スペイン語Ariel StilermanCapítulo primero de La historia de Genji「桐壺」早稲田大学の陣野英則先生作成の本文。本として出版されていない。
2013平成25ロシア語Tatiana L. Sokolova-DeliusinaPovest o Gendzi完訳谷崎潤一郎『源氏物語』、円地文子『源氏物語』、Arthur Waley『The tale of Genji』(1965年)、Edward G. Seidensticker『The Tale of Genji』(1977年)なども参考にした。Nauka
2013平成25オランダ語Jos Vos(Arthur Waley訳)Het verhaal van Genji完訳底本:Arthur Waley,The tale of Genji、冊本/電子本ありAthenaeum
2014平成26ドイツ語Oscar BenlGenji-monogatari: Die Geschichte vom Prinzen Genji底本:複数あるか。主に使用したのは『日本古典文学大系』(岩波書店)Manesse Verlag
2014平成26中国語李宏 伟《源氏物语》全三巻完訳作家出版社
2014平成26ハングル李美淑ゲンジモノガタリ 1※翻訳開始、底本:『新編 日本古典文学全集』(小学館)
ソウル大学校出版文化院
2014平成26トルコ語Oğuz Baykara(『源氏物語』)※翻訳開始、正式な題名は未公表、Arthur Waley,The tale of Genji、Edward G. Seidensticker,The Tale of Genji、Royall Tyler,The Tale of Genji,Viking Press 2001年などを参考にしたとする。
2015平成27英語Michael EmmerichThe tale of Genji: Translation, Canonization, and World Literature※2013年の再版『源氏物語』に関する研究書。Columbia University Press
2015平成27英語Dennis,WashburnThe tale of Genji(Unabridged)W W Norton & Co Inc
2015平成27中国語林文月源氏物語完訳底本:『日本古典文学全集』(小学館)洪範書店有限公司
2015平成27ハングル朴光華源氏物語─韓国語訳注─(桐壺巻)「桐壺」『文華』に発表したもの、底本:『新編 日本古典文学全集』(小学館)

図書出版 香紙
2016平成28エスペラントやましたとしひろRakontaro Genĝi「花宴」・「花散里」・「関屋」・「篝火」・「藤袴」・「柏木」・「若菜上」・「若菜下」・「横笛」・「鈴虫」・「夕霧」・「御法」・「幻」・「夢浮橋」底本は『日本古典文学全集』、小学館、1974年、初版「esperas! エスペラントの世界」
http://esperas.info/
同サイトで、藤本達生氏の「桐壺」・「帚木」訳も公開している。
2016平成28ハングル朴光華源氏物語─韓国語訳注─(夕顔巻)「夕顔」『文華』に発表したもの、底本:『新編 日本古典文学全集』(小学館)☆図書出版 香紙

更新履歴

更新履歴

凡例

言語:翻訳された言語
重訳:原典以外から翻訳されているかどうか
翻訳者:翻訳者名。()内人名がある場合は、重訳元となった翻訳者。
タイトル:翻訳書のタイトル
原書:翻訳された源氏物語の帖。
備考:その他情報

※当サイトに掲載されている画像・イラスト・ロゴ・タイプの無断転載を禁止します。